賢く収益を上げるために海外FX業者の選び方を学びましょう!

海外FXやバイナリーオプションで収益を上げる人が増えてきています。
その一方で、多くの人がどの業者を選んだらいいのか迷っているのも事実です。

そこで当サイトは、どこの口座を開いたらいいのか悩んでいる人のために
海外FX業者を比較検証してみました。

YBINARY (ワイバイナリー)
OptionBit (オプションビット)
TradeRush (トレードラッシュ)
SmatOption(スマートオプション)

など、詳細については順次更新していきます。
比較のポイントを良くチェックして、あなたに合った海外FX業者やバイナリーオプション業者を利用しましょう。

2016年03月01日

海外FXと税金について考えてみました


海外FXと国内FXでは税金についていろいろと違いがあるようです。

副業で海外FXを行っている人や専業主婦の人は
どのくらいまでなら確定申告が不要なのか、気になるところですね。


まず、海外FXと国内FXとの違いをみてみましょう。


国内FXの場合は「申告分離課税」です。
申告分離課税とは、FXで得た収入と別の方法で得た収入は別々に
税金を課税する方法のことです。

税率は一律、約20%になっています。


それに対して
海外FX税金は「総合課税」です。

この総合課税とは、
給与や分離課税対象以外の収入を合算して
課税する方式です。

つまりたくさん利益があると、その分税金として持っていかれてしまいます。
逆に利益が少ない投資家にとっては
海外FXのほうが税金をあまりとられないという状況になります。



では、副業投資家は
どのくらいまでの利益なら確定申告をしなくていいのか
考えてみましょう。

サラリーマンやOLの場合は勤めている会社の方で、
所得税や住民税は年末調整でひかれるので、確定申告は必要ありませんが
副業での雑所得がある人は、
自分で確定申告をする必要があります。


ですが税法では
「給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下であれば申請しなくても構わない」
規定されています。


利益が20万を少し超えているかも〜と思っている人は、
経費を見直してみるといいですね。

必要経費は課税されませんから、
領収書等をなくさずに保管しておくことも大切です。
FXに関する書籍購入なども経費になりますよ。



海外FXは海外の利益だから税金はかからない・・・と
思う人もいるようですが
どこで儲けたかが問題ではなく、
どこに住んでいるかが問題なので
海外FXも課税対象ということになりますので覚えておきましょう。


posted by バイナリーオプションのプロ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外FX 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする